Home > よくあるご質問

よくあるご質問

カテゴリを選択してください。

グラスフィアは、HD-TVIカメラを中心に取扱いをしているようですが、HD-TVI方式のAHDカメラ・HD-CVIカメラと比較しての優位性は何でしょうか?

弊社で作成した各カメラ規格比較表をご参考まで下記(一番下)へ添付させて頂きます。
 
弊社はHD-TVIカメラをメインで取り扱っているというよりは、もともと弊社は他社様に先駆けて、AHDカメラとHD-CVIカメラもお取扱いをさせて頂いております。
しかし、2015年~2016年初にかけて、HD-TVIチップセット開発メーカーであるアメリカTech Point社が、HD-TVIの新機能と販売戦略として、以下のような施策を行いました。

「5C相当ケーブルで800mフルハイビジョン伝送」
「3Mpix、5Mpix 超高解像度実現」
「AHD, HD-CVIとの互換実現」
「チップ価格の値下げ」


この結果、「HD-TVIが、他規格と比べて互換性も高く、技術的な伸長が著しい事から、結果的に取扱量が増えた」というのが現状です。
 
事実、世界における、2016年の各チップセットメーカーによる年間出荷量についても、「AHDの年間出荷量が1500万枚」に対し、「HD-TVIの年間出荷量が1億枚」に達し、2016年はHD-TVIチップ出荷数量が群を抜いております。

また、前述でのHD-TVIチップの機能向上により、HD-TVIレコーダーに、従来型アナログカメラ・IPカメラ・AHDカメラ・HD-CVIカメラといった他規格カメラとの混在接続ができるハイブリッドレコーダーが、弊社を含むメーカー各社からリリースされつつあり、
今後HD-TVIが、AHDやHD-CVIといった他規格を取り込んでいく可能性も高いのではないかと推測しております。
以上のようなことから、HD-TVI方式は、現段階において、相対的に優位性が高いと考えている次第です。
 
※比較表は下記に添付いたしますので、ご確認ください。

比較表はこちら  ↓↓
http://www.grasphere.com/download/%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E5%90%84%E8%A6%8F%E6%A0%BC%E6%AF%94%E8%BC%83%E8%A1%A82016.12.pdf
 

グラスフィアは、HD-TVIカメラ対応レコーダーはあるようですが、AHDカメラ対応レコーダーは無いのでしょうか?

HD-TVIのチップセットが、AHD対応になった事に伴い、HD-TVIカメラとAHDカメラのハイブリッドレコーダーを比較的リーズナブルな価格でご提供をしております。
以下シリーズが該当製品になります。
製品ページのリンクも掲載いたしますので、ご確認ください。

GJ-FV7200HU-F2シリーズ(4ch/8ch/16ch)
http://www.grasphere.com/products/detail.php?id=227&cid=3

GJ-FV7300HD-F4シリーズ(8ch/16ch)
http://www.grasphere.com/products/detail.php?id=181&cid=3

詳しくは、弊社マーケティンググループもしくは、取扱代理店様お問合せください。
 

HD-TVI、AHD、HD-CVIといった監視カメラ新しい規格について、良い製品のようですが、
新しい規格のものを導入したが、今後廃れてしまった事で、リプレイスや更新が出来なくなる、
という事を避けたいと考えています。
今後の国内市場を含めた技術動向はどのようになっていくのでしょうか?。

弊社は、従来型高画質カメラである、IPネットワークカメラ・HD-SDIカメラはもちろん、
今回ご質問頂きました、HD-TVI・AHD・HD-CVIといった新しい高画質カメラ規格製品も揃えており、
通常のメーカー様以上に、今後の技術動向については、注視をしております。
そうした弊社の見解としては、大きく以下のような流れになっていくと考えております。

《今後の監視カメラ主要規格の想定動向》

◆従来規格カメラ
1、IPカメラ   :32台超の大規模案件と、クラウドレコーディングシステムを中心に、
高画質カメラ案件に採用をされていくと考えられます。

2、HD-SDIカメラ :チップメーカーの生産ラインが、HD-TVI・AHD等の新規格向けにシフトされ、
大幅に減少していく事から、今後は廃れていくことが想定されます。
但し、日本国内市場は、一部大手メーカー様向けに残る可能性がありますが、日本メーカー向けの高価格品となる可能性が高いです。
これは、チップセットメーカーの世界市場戦略に基づく事である為、日本国内事情とは関係なく、廃れていく形になります。

3、アナログカメラ:HD-SDIカメラ同様、チップメーカーの生産ラインが、HD-TVI・AHD等の新規格向けにシフトされ、大幅に減少していく事から、今後は急速に廃れていきます。

◆新規格カメラ
1、HD-TVI・AHDカメラ :今後、「HD-TVIカメラ」「AHDカメラ」の2規格が世界市場で
今後中心的な高画質監視カメラ規格として採用されていくと予想されています。
理由としては、一昨年のAHDチップの世界出荷枚数が200万枚だったところが、
昨年AHDとHD-TVIを合わせた世界のチップ出荷枚数が2000万枚を超えたと言われており、
わずか1年で10倍という驚異的なスピードで世界市場に普及が進んでいると言えます。
さらにこうした新規格のチップメーカーは、昨年の急速な市場拡大の勢いを得て、
今年には「4K(UHD)」といった従来はIPネットワークカメラでなければ実現できなかった
超高画質化も視野に入れた、さらなる技術革新と低価格化へ進んでいくと考えられます。
弊社も、HD-TVIカメラは、3Mpixタイプを既にリリース。
5Mpixタイプカメラも近日中にリリースをする予定です。

2、HD-CVIカメラ    :規格自体は、HD-TVI・AHDと大きく遜色はありませんが、
昨年のチップ出荷枚数が400万枚程度にとどまったという情報も有り、
HD-TVI・AHDの2規格からは若干水をあけられた感があります。

以上の事から、国内市場においては、「アナログ(960H)カメラ」「HD-SDIカメラ」といった規格も、
国内大手監視カメラメーカーの製品戦略上、これから数年は流通が続いていくだろうと考えられていますが、
前述の通り、チップメーカーの「技術革新」と「コスト低減」に向けた資本投下努力は、
世界的な市場拡大が見込まれる「HD-TVI」「AHD」と「IPネットワークカメラ」に集中され、
国内市場もこうしたチップメーカーをはじめとする世界市場動向の影響を受け、今後は、
「HD-TVI」「AHD」「IPネットワークカメラ」の3規格が普及していくことが自然の流れになると考えられます。

また、弊社を含めた各メーカーの製品戦略動向として、「HD-TVI」「AHD」「IPネットワークカメラ」
「アナログカメラ」の4規格については、ローコストで混合システム構築が可能な方向になっています。
その為、この4規格をベースにシステムご検討を進めていく分には、リスクは少ないのではないかと考えられます。
 

HD-SDI、EX- SDI、HD-TVI、HD-CVI、AHDなどの機能の違いがわかるような資料はないか? 検討をする上での参考にしたい

世界の監視カメラ市場の拡大に伴い、世界のチップセットメーカーの開発競争が激しさをましていて、昨今、規格が増えてきています。そこで、主要な監視カメラの規格について、比較表にしました。これは、2015年6月時点の情報を基に作成したものですので、今後の技術革新によって、内容は変化していくと思います。今後、都度、更新をかけて行くことで、システムご選定担当者様の一助になればと考えております。
(以前ご質問を頂き、ご回答をさせて頂いた内容について、以下比較表を一部更新させて頂きました)


比較表はこちら  ↓↓
/uploads/img/files/TVI%20CVI%E6%AF%94%E8%BC%83%E8%A1%A820150602.pdf

※2016.12追記:IPカメラ・HD-TVI・AHD・HD-CVI・HD-SDI各カメラ規格比較表について、アップデートしました。以下ご確認お願いします。

新しい比較表は以下ページへ  ↓↓
http://www.grasphere.com/qa/index.php?cat=10


 

IP、HD-SDI、EX-SDI、HD-TVI、HD-CVI、AHDなど、たくさんの規格が乱立する中で、今後こうした市場は、どのように変化していくのか?

従来の監視カメラメーカーは、ソニーやパナソニックのように、画像センサーから、カメラ本体まで全てを開発するという事で、各メーカー毎の高い独自性能が生まれ、それにより市場が形成されてきました。しかし、発展途上国を中心に、世界の監視カメラ市場が拡大していく中で、監視カメラメーカーも分業されるようになってきました。具体的には、開発力のある画像センサーメーカーや、チップセットメーカーが、世界市場をターゲットに規格化や系列化をし、それを世界中の監視カメラメーカーに対して部品供給を行うという形態です。パソコンやサーバー等の市場でも、どのパソコンメーカーのものもインテル製CPUが入っていたり、Windows OSが入っている、という事が行われてきたように、今後の世界における監視カメラ市場においては、そうしたチップセットメーカーが規格化や系列化をし、それを世界中の監視カメラメーカーが自社のブランド名をつけて販売をしていくという形態に大きく変わっていくと考えられます。
ここ数年、監視カメラシステムの規格が増えているのも、そうした世界市場の動きと無縁ではありません。
例えば、HD-TVIは、アメリカTechpoint社製のチップセット。HD-CVIは、中国Dahua(ダーファ)社製。AHDは、韓国Nextchip社製と、各チップセットメーカーが技術革新と系列化にしのぎを削り、より多くの監視カメラメーカーを囲い込むことによって出荷数を増やし、さらなる技術革新と価格低減競争になっていくという構図になっているのです。
こうしたチップセットメーカーは、発展途上国を始めとする従来型アナログカメラ(41万画素~700TVL程度)が価格優位性を理由に幅を利かせている今後の成長市場に対して、IPカメラやHD-SDIカメラよりも圧倒的に価格が安く、従来型アナログカメラでは再現できなかったフルハイビジョン相当の画像と、従来型アナログカメラとの柔軟な互換性を前面に出した、HD-TVI、HD-CVI、AHDといった規格を作りだしたのです。
そうした流れに対して、日本市場も例外ではなく、現在も日本国内のエンドユーザー様からもよく聞かれる、
『ハイビジョン画質のカメラに更新をしたいが、「IP、HD-SDIといった従来型高画質カメラは、100m毎にHubやリピータが必要になってしまう」、「既存システムで使っている5C-2V同軸ケーブルが、IPやHD-SDIでは使えない為、ケーブルを引き換える事は、コストが大きくかかる」、「既存アナログカメラシステムが、カメラ電源重畳型のワンケーブルアナログカメラであったため、カメラ付近に電源工事が必要になる」といった理由で、今回のシステム導入や更新も、従来型アナログカメラを選択せざるを得なかった』
といった問題に対し、次世代型高画質カメラ規格(HD-TVI,HD-CVI)の特長である、
『従来型アナログカメラと「同等の伝送距離」「同じ同軸ケーブル」「リピータ等無しで長距離電源重畳できる」上に、「フルハイビジョン相当画質が得られる」』といった新技術は、今後、日本市場を変えるきっかけになる可能性があると考えられます。

お問合せ・デモ機お貸出し

PAGE TOP