Home > プレスリリース > < News Release >IEEE802.3bt(Type4)(※1)グラスフィア ハイパワーPoEスイッチ (GJ-ISG10UP8-DMV)新製品リリース!1ポートあたり最大90W給電により、大型LED照明等にも給電が可能。

プレスリリース

< News Release >IEEE802.3bt(Type4)(※1)グラスフィア ハイパワーPoEスイッチ (GJ-ISG10UP8-DMV)新製品リリース!1ポートあたり最大90W給電により、大型LED照明等にも給電が可能。






■■□――――――――――――――――――□■■

< News Release >
 
IEEE802.3bt(Type4)対応(※1)ハイパワーPoEスイッチ(GJ-ISG10UP8-DMV)をリリース!
最大90W給電により大型LED照明、大電力が必要なIPカメラ、
各種センサー機器などにも、商用電源を敷設せずに給電が可能になりました。
 
■■□――――――――――――――――――□■■
 
株式会社グラスフィア ジャパンは、IEEE802.3bt(Type4)対応 ハイパワーPoEスイッチ(GJ-ISG10UP8-DMV)をリリースしました。
1ポートあたり最大90Wの電力供給により、LED照明等消費電力の大きいPD(※2)への給電も可能となりました。
(※2 PD…PoEにおいて受電する側の機器のこと。)
 
 
〇PoEスイッチとは
 PoE(Power over Ethernet)とは、イーサネット(※3)上で利用できる電力供給技術です。PoEスイッチ(PSE※4)とPD(防犯カメラやIP電話、wifiアクセスポイント等)をLANケーブルで接続することで、データと一緒に電力を供給、PDへの電源ケーブル接続が不要となります。
(※3イーサネット…コンピュータのネットワークの規格の一つ。)
(※4 PSE…PoEにおいて給電する側の機器のこと。)
 
〇ハイパワーPoEスイッチとは
 別名 PoE++。60W、90W等PoE+以上の電源供給が可能です。
UPoE(Cisco独自規格)など、従来は基本的な互換性を有した製造メーカーの独自規格のみでしたが、2019年秋に、IEEE(米国電気電子学会)にて、IEEE802.3bt(Type4)が規格制定されました。
 
〇PoEを使用するメリット
 上記の通り、末端の機器を電源ケーブルに接続する必要がないため、
・ケーブルの煩雑さの軽減
・末端機器周辺に電源がない場合も電力供給が可能
 といったメリットがあります。
 
〇今回のバージョンアップについて
 1ポートの最大供給電力が90Wとなったため、IEEE802.3bt(Type4)Class8に対応(※1)いたします。
 
(※1)「IEEE802.3bt(Type4)」へのファームウェアでの正式対応は2020年Q2を予定しています。現在はPoHの規格(Twin Type 3)で動作しています。
 
〇今までの機能も継続!
 DMV(デバイスマネジメントビューワー)も変わらず搭載。同一セグメント内の各種IP機器の情報を自動収集し、ネットワークトポロジーダイヤグラム(※5)をブラウザ上で自動生成(見える化の実現)します。
(※5ネットワークの形、経路を線や図形で抽象化して表したもの。)
 
 
 
詳しい製品紹介ページはこちら!
‣‣‣ https://www.grasphere.com/products/detail.php?id=316&cid=5
 
 
世の中の進歩に寄与、追随するために今後もより良い製品の開発、リリースに尽力して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
 

 
 
【本件に関する問い合わせ先】
株式会社グラスフィアジャパン
TEL:03-6661-7151
e-mail:info@grasphere.com
 
 
 

お問合せ・デモ機お貸出し

PAGE TOP