監視カメラ・ネットワーク機器・システム構築・各種デバイスの
GRASPHERE グラスフィア
CASE STUDY

導入事例

災害地向け太陽電池 仮設防犯カメラシステム

クライアント:災害地向け
災害地は停電などで治安を確保することが困難になります。
防犯カメラを稼働させたいが、電源の問題や臨時場所への対応が必要になります。
緊急時に簡単に設置できる自立電源で移動式の防犯カメラシステムを導入したい。
効果
災害地向けの仮設防犯カメラ設備の実現ため、以下のようなシステムをご提案いたします。

・屋外用で堅牢なIP66対応の高画質バリフォーカルレンズカメラ
・電源には日中の太陽光発電(ソーラー発電)と夜間の蓄電池を活用
・画像は3G回線または4G回線を使って遠隔地でも簡単に送信、受信
・各コンポネントはモジュールとして簡単に現地で組み立て、取り外し可能

この結果、災害地のように電源確保が難しく、防犯強化が必要な場所でも仮設防犯カメラの運用が可能となりました。
システムをモジュール化しているため、顧客の予算に合わせて組み立てることが出来ます。
種類